日本人はなぜエコカー利用に消極的なのか

EV車原油価格の高騰が続く中、ガソリン代を気にするあまり国民は自家用車に乗るのを控える傾向にあるようです。

有酸素運動にもなるサイクリングやウォーキングの愛好家が増えたという良い面があるものの、だからといってエネルギー問題でドライブの楽しさや爽快感をあきらめてしまうのはもったいない気もします。

どうして日本は、欧州のようにエコカーを活用するという発想になかなか至らないのでしょうか?

例えばエンジンの代わりに電気モーターで駆動する電気自動車は、停車中に太陽電池もしくは燃料電池で充電するのでガソリンは必要ありません。

大気汚染の原因となる排気ガスや、地球温暖化を引き起こすCO2を出さないので、エネルギー問題のみならず環境問題を解決するひとつの答えにもなります。

電気モーターと旧来のエンジンを組み合わせたいわゆるハイブリッドカーは、電気自動車ほどクリーンではないものの、一般的なガソリン車よりも有害物質の排出量を抑えることができます。

その上、気になる走行の安定性もガソリン車とほぼ同等です。

これほど画期的なクルマがなぜ日本の一般社会に浸透しないかというと、やはり必要経費の高さだと思われます。

購入価格もそうですが、バッテリーや他の部品の交換費が従来よりもかさんでしまうのです。

ゆえに各自動車メーカーは、低コストなエコカーの開発に取り組んでいます。